ビジネスの効率アップを実現する動態管理

ビジネスにおいて重要なことは数多くありますが、その大半の根本は「効率」にあります。例えば事務所理を素早く行うことは業務効率の改善によるコストカットが目的ですし、営業活動における成約率の向上は営業活動にかける時間を効率化することが目的です。このように効率というキーワードはビジネスにおいてこの上なく重要なわけですが、この効率化におけるひとつのポイントとしてチェックしたいのが動態管理です。動態管理とは車両や現場担当者の動きをGPSなどでチェックするものであり、これがあると今誰がどこにいるのかということが本部の側でチェックできるようになります。例えば営業マンの車に動態管理を導入すれば、何時までどの客先にいたのか、どういったルートを使っているかが逐一チェックできるわけです。これを組み込めば勤務状態がよりダイレクトにつかめるようになりますから、効率化には大きな効果があるのです。

動態管理を導入するのに適した場所

動態管理を導入するのに適した場所としてはまず運送関係が挙げられます。これは宅配便だけではなく業務用の輸送、例えば印刷会社が印刷した商品を客先へ運ぶ時や、新聞社が新聞を各地の営業所に運ぶ時のようなことも当てはまります。こうした運送の場に動態管理を導入すると、その時々でそれぞれの運送状況がリアルタイムで確認できます。これが行えると客先からの「あとどれくらいで到着しそうか」といったような問い合わせに対してもドライバーが電話対応をすることなく、本部側で位置を割り出して返答ができますから、ドライバーはドライバーの仕事に集中し、本部が効率的なサポートを行えるようになるわけです。一日当たりに回る客先の数が多い事業者にもこれは大きなメリットですから、もしそのメリットに意味があると感じられるのであれば導入を検討する価値があるでしょう。

動態管理導入に必要なものは何か

動態管理を業務の効率化のために導入しようとする場合、最も大きな問題になるのはそのコストです。もし動態管理の導入によって業務コストが50万円削減できたとしても、導入と維持に100万円がかかるようでは何の意味もありません。しかしこの導入コストについては、導入する仕組みにもよりますがおおよその場合そこまで大きなものにはならないでしょう。一昔前までは管理の対象となる車などの一つひとつに発信機をつける必要がありましたが、現在だとGPS機能を搭載した携帯電話でその役割が代用できるようになっています。もし既にスマートフォンを社員に貸与しているのであればそれを流用できますから、コストはかなり割安になります。もちろん動態管理の導入を請け負っている業者に確認することは必要ですが、少なくとも現実的ではないコストが要求されることはないと見て良いでしょう。