ビジネスの効率をアップさせる動態管理

配送業や運送業、あるいは様々な企業のルート営業など、営業車や社有車を使って業務を行うという業種は実に様々な物があります。こうした業種では、業務を効率的にこなすために非常に多くの車両を所有しているところが多く、それに伴って乗車するドライバーの人員の数も増強させる必要があります。営業する範囲が広くなると、人員をチームに分けるなどして担当する地域を上手く分配し、少しでも移動のロスを少なくするという事が大切です。しかし、いくら人員を増やし、稼働している車両の数が多くなっても、それぞれの車両と本部との連携がスムーズに行かなければ機動力が大幅に落ちてしまいますし、業務の効率も下がってしまいます。これらの人員や車両の管理をいかに行うかということがこうした業種では非常に重要です。

動態管理システムを導入するメリット

様々な業種で稼働している車両、あるいは人員を本部がきちんと管理することは、動態管理において最も基本的な事です。
しかし、車両の数が比較的少ない、あるいは対応している地域がそれほど広くないのであれば良いのですが、車両の数が多く、移動する範囲も広くなってしまうとどうしても管理が煩雑になってしまいます。また、本部から各ドライバーへの連絡だけでなく、ドライバー間での情報の連携や共有も非常に重要になりますが、本部とドライバーの間の情報に食い違いがあったり、重複してしまうということがあるとそれだけで大きな時間のロスになってしまいます。そこで、こうした動態管理を一元的に管理できるシステムの導入がおすすめです。各ドライバーと本部間のリアルタイムの情報を一括管理できますし、各車両の動きも簡単に把握することができるので、ロスの削減に高い効果を得ることが出来ます。

携帯電話を使った動態管理システム

これまで動態管理システムというと、GPS端末を使用するものが主流でしたが、いちいち各車両に機器を取り付ける必要があるので、基本的にはドライバーは自分が担当する車両を運用する必要があります。しかし、車両の乗り換えが必要な業務の場合、管理が面倒になりますし、また機器自体の導入にもコストがかかってしまいます。最近人気を集めているのが、各ドライバーが所有している携帯電話のGPS機能を使って動態管理を行なうシステムです。携帯電話を使用しているので、全国の様々な地域で電波を受信する事ができます。そのため、単体のGPS端末では受信感度が弱かった地域でも問題なく使用することができます。また、一台あたりの導入のコストも非常に安く、新たに機器を購入するといったことが必要ないのも利点です。